土曜
1 : 阪神 11R 9番 エテルナミノル

攻め駆けする同馬だが、今回も6/9に外厩から戻って6/14には栗東・CWでB評価となる指数をマークし、次いで今週は馬場状態が悪い中をS評価寸前の高指数(A評価&順位3位)を叩き出しており、仕上りは近走でも1番。ここ3戦は重賞で結果を出せていないが、降級戦となるここはデキの良さを活かし牡馬相手でも勝ち負け。相手候補は3番・ミエノサクシードと8番・ポールライトニングの「A評価馬&降級馬」の2頭。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  阪神 6R 11番 メイショウマルコマ 好配当
  阪神 7R 12番 ブルーミン 好配当
  阪神 12R 4番 マイネルラック 好配当
  東京 11R 8番 クロフネビームス 好配当
  函館 7R 12番 ヴィーナスフローラ 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  阪神 4R 2番 ヒルノアトラーニ T評価
  阪神 10R 10番 バシレウスライオン T評価

日曜
1 : 阪神 11R 6番 シャケトラ

ハードな攻めがあまり施されることがない角居厩舎の管理馬だけあって、同馬もこれまで1度だけ"ギリギリA評価"となる指数をマークしたことはあるものの、B評価さえも数えるほど。ところが、今回は6/1に外厩から戻って栗東・坂路で入念に乗り込まれた後、先週はCWで秀逸の走りを披露し、指数の方は《92》(A評価)と初めて90を超え順位は堂々の「第1位」。「春の古馬3冠」を狙う"強い1頭"もいるが、精力的な攻めをこなし動きが一変した同馬の上昇度はピカイチ。先月、「13週連続勝利」と云う偉業を達成した敏腕厩舎が1年半ぶりとなるGT制覇で今年の上半期を締め括る。相手候補はその強い1頭の10番・キタサンブラックを筆頭に1番・ミッキーロケットと2番・ゴールドアクターの「3週連続のA評価馬」の3頭。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  阪神 4R 2番 ダイナマイトガイ 好配当
  阪神 5R 1番 スプリングスマイル 好配当
  東京 10R 5番 ウラガーノ 好配当
  函館 10R 1番 ゼニステレスコープ 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  阪神 2R 12番 フィールドスティ T評価
  阪神 7R 3番 テーオーフォルテ T評価
  函館 4R 8番 ショウナンサニー T評価
  函館 8R 2番 ショウナンアヴィド T評価