土曜
1 : 新潟 10R 4番 フィアーノロマーノ

「中2週」にも拘わらず前走後もしっかりと乗り込まれており、今週は栗東・坂路で「4F51.8-1F12.3」と自己ベストを1秒以上も短縮する好時計をマークし、指数の方も自身初となるA評価。「急仕上げ」の感があった前走は人気を大きく裏切ったが(2番人気で8着)、短期間にハードな攻めをこなして"覚醒"した今回は素質の高さを誇示する走りを披露しアッサリ。相手候補は5番・セダブリランテス(A評価馬)、7番・マイネルベレーロ(T評価馬)、8番・マッシュクール(T評価馬)の好調教馬3頭。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  京都 4R 3番 エイシンルーク 好配当
  京都 8R 5番 メイショウカミシマ 好配当
  京都 11R 11番 ロンドンタウン 好配当
  東京 11R 1番 タイセイサミット 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  京都 1R 16番 メモリーフェイス T評価
  新潟 6R 15番 ウイナーズロード T評価
  新潟 8R 10番 サトノメダリスト T評価

日曜
1 : 東京 11R 3番 フローレスマジック

帰厩したのが5/10とギリギリまで関東の名門外厩(ノーザンファーム天栄)でしっかりと調整され、2歳の未勝利時に辛うじてB評価となる指数しかマークしたことがなかった同馬が美浦・南Wで「A評価&順位3位」となる高指数をいきなりマーク。「外厩+厩舎」のタッグにより"オークス仕様"の仕上げが施された同馬がこれまでの詰めの甘い走りを一変させ「大金星」を挙げる。相手候補は「次はウチの馬」(桜花賞終了時の矢作師談)と戴冠に並々ならぬ意欲を見せる「GT・連続2着馬」の14番・リスグラシュー(A評価馬)が筆頭。次いで4番・ミスパンテール、8番・ホウオウパヒューム、10番・ブラックスビーチのA評価馬3頭。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  京都 4R 7番 エイシンスレイマン 好配当
  京都 6R 4番 ホーリーブレイズ 好配当
  京都 10R 8番 サトノアリシア 好配当
  東京 10R 1番 ワキノヒビキ 好配当
  新潟 12R 9番 アグネスユーリア 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  京都 5R 14番 ブレイヴバローズ T評価
  新潟 1R 4番 ベルベル T評価