土曜
1 : 阪神 10R 8番 サトノアリシア

3/23に帰厩し、その翌日から栗東・坂路でほぼ休みなく乗り込まれ、今週は自己ベストに迫る好時計をマーク。それでもって指数の方は「2週連続の好調教」と放牧により一息入れられたことで攻めの動きも良化。今回は「掛かり癖」に対処すべく距離を短縮したとのこと(陣営の談)。この2戦は重賞で結果を出せなかったが、相手関係も楽になるここは陣営による諸策が実り"今後に繋がる3勝目"をゲット。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  阪神 11R 1番 ナインテイルズ 好配当
  東京 11R 2番 センチュリオン 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  京都 2R 14番 フィールドステイ T評価
  福島 7R 9番 サトノグラン T評価
  福島 8R 3番 カキツバタチグサ T評価
  福島 11R 3番 デンコウアンジュ T評価

日曜
1 : 東京 11R 5番 ホウオウパヒューム

3/11に外厩から戻り、美浦・坂路で入念に乗り込まれた後、今回は初めてその坂路でもって追い切りを敢行。そして、先週は「A評価&順位4位」となる好指数をマークし、次いで今週は南WでB評価となる指数をマークして「2週連続の好調教」。"桜"には目もくれずに"樫獲り"を目指してきた同馬が併用調教により更に磨きをかけた「脅威の末脚」を武器にまずは"挑戦権"を手中に収める。相手候補は6番・タガノアスワドと9番・アドマイヤローザのA評価馬2頭。そして、兄(ヤマカツエース)が得意とする「芝二千」で大駆けが期待できる「2週連続の好調教馬」(A評価→B評価)の7番・ヤマカツグレース。

「調教から狙える好配当馬」リスト
純粋にマークした「調教指数」だけからは狙い目十分です。その他のファクターから多少のリスクはありますが、その点は配当妙味でカバー。

  京都 3R 11番 ファヴォーラ 好配当
  京都 11R 7番 プロディガルサン 好配当
  京都 12R 1番 タガノカムイ 好配当
  東京 3R 10番 ホッコーライデン 好配当

「単複で狙えるT評価馬」リスト
出走頭数が非常に多いT評価馬の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬です。

  京都 5R 3番 ララベスラーナ T評価
  福島 12R 6番 サマーローズ T評価