1レースに2頭が該当する場合

1レースに該当馬が2頭該当する場合は狙いも絞り易くなります。

ともに人気薄の場合は2頭とも単勝・複勝を購入するのも一つ。また2頭の馬連・ワイド・3連複で大きく狙ってみても面白いと思います。

1Rの12番エイシンナナツボシで利益は確保済み。3Rの2歳新馬は評価の8番アーリーデイズが1着で、単勝330円の配当ながらも的中という、絶好の流れでした。

続く8Rではチェック馬(表記=)の7番リバータウン、評価の12番アグネスイカロスが該当。8番人気、4番人気なら狙いとしては手頃。

リバータウン詳細画面
私の場合は7番リバータウン、12番アグネスイカロスの単勝2点を購入し、7番リバータウンの複勝で掛けて、3連複2頭軸で大きめの配当を狙ってみました。

結果は7番リバータウンが勝って単勝1,520円、複勝420円の配当。12番アグネスイカロスも2着で、対象馬2頭でのワンツー・フィニッシュ。

3着は6番ハードリレーで3連複15,390円も的中でしたが、もし仮に4着の13番スリーコンビナートが粘っていれば84,790円の配当。

払い戻しは100万円を超えていただけに惜しかったけれど、元々が単複での狙いだっただけに本来の目的は達成出来ました。

リバータウン単複
単勝
15.2×10,000円=152,000円
複勝
4.2×10,000円= 42,000円

リバータウン3連複
3連複
153.9× 1,000円=153,900円

払戻 347,900円


馬券が美味しいのは2歳戦
1週前の好調教は妙味アリ

高中式とは?へ戻る
トップへ戻る